患者さんと結婚をした友人

わたしの友人は看護師をしています。
そしてその友人は患者さんと結婚をしました。
彼女は外科病棟で勤務をしていましたが、勤務の時に患者と関係を持つなどということは不謹慎であるし、病院でももちろん禁止されていました。
そのために友人はその患者さんのことを気になりながらも、ただ見ているしかなかったのですね。
またその患者さんだって、病気の治療のために入院をしているわけです。
そのために一番しんどい時であるし、治療に専念をしなくてはいけません。
そのために彼女は自分の思いを告白しないまま、ただその患者さんの看護に携わっていたのです。
そして患者さんの治療がうまくいき、退院が見えてきたとき彼女は告白しようと決意したと言います。
その告白をするのは退院の日を狙って。
彼女はこの患者さんとの出会いは運命だと感じたそうです。
外見も自分の理想でしたが、何よりその人柄が良かったそう。
だからこの出会いを逃したくないと思ったのだそうです。
彼女がこの患者さんと出会い、退院の日までは約3ヶ月ありました。
その間看護師として接してきているので、彼がどう考えているか全く分からなくて不安ということをよく言っていましたね。
そしていよいよ退院の日。
彼女は患者さんが退院の挨拶をして病棟を出ていくまで待ちました。
そして患者さんがエレベーターに乗ったのを確認して、自分の追いかけて行って告白をしたのです。
患者さんももちろんびっくりしたでしょう。
看護師から告白をされるなんて。
その時の患者さんの答えは、今まで看護師さんとしてしか見ていなかったから、ちょっと考えさせてください…ということだったそうです。
でもこの二人はこの出会いをきっかけに交際を始め、結婚をしたんですよ。
今では誰もが羨む夫婦になっています。
病院での出会いって少ないと思うけれど、ないわけではないみたい。
ちょっとびっくりです。

関連記事