サクラって何?

ネットなどで出会い系サイトに関することを調べていると、「サクラに注意」と書かれていることがよくあります。
確かに、出会い系サイトを愉しむためにはサクラの存在に充分な注意が必要なのはもはや周知の事実となっています。
では、このサクラとはいったい何なのでしょうか。
サクラは、一般の女性会員を装って男性会員とメールのやり取りをするためにサイト側に雇われた人たちです。
どうしてサイト側がそのような人たちを雇ってそんな行為をさせるかというと、サイトが不当に利益を上げるためなのです。

サクラが存在しているのは多くが有料の出会い系サイトです。
有料サイトの多くでは、サイト内で女性にメールを送ったり女性からメールを受け取る場合にはポイントを購入してそれを消費するシステムになっていて、そのポイントの売り上げがサイトの利益になっています。
つまり、男性に一般の女性会員と思わせ無駄にやり取りをさせることでポイントをたくさん消費させることが目的でサクラはサイトに雇われているのです。
もちろんいくらメールのやり取りをしてもサクラは男性会員と会う気など最初からありません。
それどころか、男性がサクラを行なっていたりコンピュータが適当にメールを作成して自動送信しているケースもあるのです。

サクラと関わってしまうと、実際に会えないばかりかお金と努力と時間を無駄にしてしまいます。
中にはその経験がトラウマとなって女性不信になってしまった男性もいるほどです。
出会い系サイトにはサクラが存在しているというのはもはや常識です。
したがって、如何にサクラに引っ掛からないかが出会い系サイトを愉しむために重要な点といえるでしょう。

サクラの見分け方

出会いサイトに出没するサクラの報酬は、1メール何十円という金額なので、どのサクラも想像を絶するほどの数の男性会員とメール交換をします。
とうぜん、数をこなさなければ収入になりませんから、当然のことと言えば当然、納得できるでしょう。
その為にどの男性会員とどんな話をしたかなんて、そうそう覚えていられるはずもなく、墓穴を掘るサクラも多くいます。
話の内容が繋がらなかったり、同じ内容の事ばかり言ってきたり、ちんぷんかんぷんだったりします。
こんな事があれば、間違いなくその相手はサクラだと言うことです。
まぁある意味分かりやすいと言えば分かりやすくって良いですね。

しかしサクラもある程度は工夫もしてきます。
プロフィールの情報は、写真のみで、ほとんどは記入せずにその都度、メールのやりとりをする相手に合わせて変化させています。趣味、住所、年齢など都合良く男性会員に合わせます。まぁ当然そうするでしょう。相手に合わせないと、気にってもらえませんし、気にってもらえないとメールのやりとりもしてもらえません。それでは自分の役目を果たせませんからね。より興味を持ってもらえるように工夫をしているわけですね。

であれば、防衛策と言いましょうか、見分ける方法として、女性とのメールをやりとりする時には、ごく普通の誰にでも分かるような内容ではなくて、趣味の話でもマニアックな内容のことを話すようにすると、相手はついて来られずにボロを出す可能性が大きいです。
趣味が同じの本当の女性会員であれば、それなりに話しについて来られるはずです。

サクラとの出会い?

サクラというのは一般会員の振りをしてただただ男性と長くメールのやり取りをし、無駄にポイント、使わせようとしてくる人の事です。
ポイントというのは有料サイトであるシステムで、ポイントを購入する事によって女性のメールを受信し、また送信する事ができるという物です。ですのでそのポイントをサクラに使う事は無駄なお金を使ってしまうと言う事に成ります。
サクラは大体が一般会員の中に紛れ込んでいるのでよく注意しないと引っかかる可能性があります。
彼女たちとどんなに頑張って楽しいお喋りをしたり、相手が気のある素振りを見せてきたとしても、相手の目的は貴方との交流ではありませんから、出会える事はありません。
出会い系の攻略頁等見てもサクラにひっかかった、という被害は良く見受けます。それだけサクラの数が多いですし、サクラもあくまで男性が好む事を言ってメールを長引かせるのが上手ですので、騙される数というのも自然に多く成っている様です。
ですので、サクラかもしれないと思ったのであれば即刻メールのやりとりは中止した方が良いでしょう。
幾らお互い楽しくメールをしている風でも相手はビジネスと割り切っている場合が大半です。
そんなサクラですが、実は過去にサクラと実際出会えたという例もあるようですね。
理由を聞くと、「メールをしているうちになんだか好きになっちゃったから。」ということだったのです。相手の男性が凄くそのサクラの心を上手く揺さぶったのだと思うのですが、これはやはり大変まれなパターンですので、余りサクラには期待しない方がいいでしょう。
サクラだと思ったら直に手を引くという事が唯一の自衛手段になると思います。